アサイーベリーよりもマキベリーのほうが優れている!?

 

最近注目されているフルーツとしてマキベリーがあります。アサイーベリーやブルーベリー、ビルベリーなどに比べても、目の疲れに良いとされているアントシアニンの量がすごいようです。

 

アサイーベリーと同じようにスーパーフード・スーパーフルーツでもあるマキベリー。ベリー系全般にアントシアニンは含まれているのですが、特にこの2つのベリーは桁違いです。

 

ここではアントシアニンだけではなく、アサイーベリーとマキベリーの栄養素を比較しまとめました。

 

アサイーベリーとマキベリーの栄養成分比較

アサイー

マキベリー

  • ポリフェノール 
  • 食物繊維 
  • カルシウム  
  • ビタミンC  
  • ビタミンB1 
  • ビタミンE 
  • 鉄分
  • 亜鉛  
  • リン

 

  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンB16
  • ビタミンE
  • ビオチン
  • パントテン酸
  • 葉酸
  • リン
  • カルシウム
  • フィロキシン
  • カリウム
  • ナトリウム
  • マンガン
  • ポリフェノール

 

この中でもやはりポリフェノール(アントシアニン)は抗酸化作用があるので、どちらもアンチエイジングに効果的と言えます。

 

ベリー系のアントシアニン量

マキベリー ?? ※アサイーの5倍程度
アサイーベリー 400mg
クランベリー 380mg
ビルベリー 340mg
ブルーベリー 90mg
ぶどう 60mg
ラズベリー 40mg

 

他にもイチゴなどにも含まれています。

 

普段十分に摂ることができない成分の宝庫!

 

また鉄分や亜鉛・リンなど本来体に必要な栄養素だけれど食べ物からはなかなか十分に摂ることができない成分が多く含まれています。

 

皮膚や粘膜・お肌を健康に保つビタミン群も豊富!

 

またビタミン群も豊富に含まれています。ビタミン群はそれぞれ働きが異なりますが、皮膚や粘膜、お肌を健康に保つ働きを持ったものもあります。

 

ビタミンサプリなどで補うこともできますが、ビタミンサプリだけでは網羅できないほどの栄養素がマキベリーとアサイーベリーに含まれています。

 

マキベリーにはどんな効果があるのか?

 

そもそも、マキベリーとはいったいなんなんでしょうか?マキベリーとは、南アメリカにあるチリという国の一部のパタゴニ地方にしかない、すごく貴重なフルーツなんです。別名、パタゴニアンブルーベリーとも呼ばれています。

 

見た目は、ブルーベリーによく似ているんですよ。美容に良いという、アサイーよりも効果が高いというので、注目を集めているんです。

 

マキベリーの効能・効果とは?

 

ポリフェノールには、抗菌・抗酸化作用があり、美容には欠かせない成分なんです。抗菌作用は、ニキビや肌荒れに効果があり、抗酸化作用は、老化防止に効果があります。

 

 

 

アントシアニンの含有量だけで多い順から並べると・・。
1.マキベリー2.エルダーベリー3.アサイーベリー4.アセロラ です。昔から疲れ目に良いとされているブルーベリーはだいたい6番目ぐらいだそうです。

 

アサイーベリーよりも約6倍のアントシアニン!?

アサイーベリーブームの時にはアサイーベリーが驚異的なアントシアニンの
含有量ということでした。年々研究が進んでアントシアニンがすごい成分である
ということが分かってきたことで「どれが一番優れているのか!?」色々調べているようです。

アサイーサプリよりも価格が高い

その分、サプリメント自体の価格がとっても高いです。
私もマキベリーの力を体験したくて購入してみました。

 

 

 

≫マキベリーサプリアスタブライト

 

 

※1日3粒飲みます。

 

アサイー&ノニサプリは¥2,000前後。
このアスタブライトは通常¥4,300。
初回のみ¥1,980なのでそれで試しました。
ただそれにしても通常購入だと実に倍ぐらいの値段です・・。

サプリは継続して効果を感じるもの?

サプリの場合飲み始めてすぐに効果を感じるというのは、
稀だと個人的には思っています。
ですから継続しやすい価格であることも
大事な条件です。

 

お財布に余裕がある方はマキベリーサプリ。
お財布に優しく継続したい方はアサイーサプリ。
そんな感じで選ぶといいのではないでしょうか。