加齢黄斑変性でiPS細胞移植!?

加齢黄斑変性とは?原因はなに??

 

どうしても年齢を重ねれば、いろんなところに障害が出てくるものです。
加齢黄斑変性もその一つで、老化現象によって網膜の中心部にある黄斑というところに障害がでてきて、見ようとしているところが見えにくくなるという病気です。
あまり名前を聞いたことがない感じで、日本ではなじみがありませんよね?
ですが、欧米では失明の原因の1位というくらい恐ろしい病気だとされています。
こんなに恐ろしい病気だと原因が知りたくなりますが、残念ながら原因は未だによくわかっていません・・・・・。
ですが、網膜の外側にある脈絡膜という網膜に栄養を送っているところから、悪い血管が伸びることが原因ではないかと最近言われるようになりました。
この悪い血管と言うのが、脈絡膜新生血管というもので、この脈絡膜新生血管はとってももろい血管ですぐに破れてしまったり、血中の成分が漏れ出してしまったりと問題がある血管なんです。
名前だけ聞けばいいように思うのですが、そうではないんですね〜。
この脈絡膜新生血管が問題を起こすと、網膜が押し上げられたりなんらかの異常が生じて、見え方に異常をきたすわけです。

 

加齢性黄斑変性の対策は?

 

加齢性黄斑変性にならないようにするにはどうすればいいのでしょう?

 

禁煙

禁煙はとても大切です。
喫煙をすることは加齢性黄斑変性の大きな要因になってしまいます。

紫外線

太陽の光を直接見たり、紫外線対策をずっと怠っていると網膜に大きなダメージになってしまい、加齢性黄斑変性になりやすくなります。

食事

活性酸素を除去する効果のある食べ物を摂りましょう。
ビタミンEやビタミンC、βカロチンなどを積極的に摂ることをおすすめします。

 

加齢性黄斑変性は、誰でもなりうるので日ごろからならないように対策していきましょう。

 

≫加齢黄斑変性の予防にルテインが効果的!?ルテインサプリのおすすめランキング